skip to main content

クリフトンストレングスの歴史

それは、人の育成に貢献するという、1人の男性の使命から始まりました。

ドン・クリフトンがどのようにして強みに基づく人材開発を生み出し、何百万人もの人々に最大限力を発揮する力を与えたかについてご紹介します。

のドン・クリフトン (1924-2003)

ドン・クリフトンの願い - 人材開発の強化を通して世界を変える

世界的な「強み」ムーブメントは、60年前、ドン・クリフトンが次のシンプルな質問を投げかけたことで始まりました。

「人がうまくできないことではなく、うまくできることを研究したら、何が起きるだろうか?」
第二次世界大戦従軍時のドン・クリフトン

第二次世界大戦従軍時のドン・クリフトン

クリフトンは、第二次世界大戦にB-24航海士兼爆撃手として従軍した後、帰還しました。25回の空爆出撃に成功し、殊勲飛行十字章を受章し、英雄となりました。彼は戦争で多くのことを目にし、残りの人生を人類にとって良いことに捧げたいと思いました。

その結果、人材開発の研究に強い興味を抱くことになりました。

クリフトンは、ネブラスカ大学リンカーン校の図書館で研究を始めました。しかし彼が見つけた心理学の本はすべて、人がうまくできないことについて書かれたものばかりで、人がうまくできることについて書かれたものを見つけられなかったことに、彼は衝撃を受けました。

その後のことはご存じのとおりです。

ネブラスカ大学リンカーン校で指導するドン・クリフトン

ネブラスカ大学リンカーン校で指導するドン・クリフトン

クリフトンはクリフトンストレングス・テストを考案し、これまで22,098,893もの人々がこのテストを受けました。

クリフトンは残りの人生を、人々の無限の可能性を最大限引き出す方法の研究と考案に捧げました。重視したのは、その人が現在どんな人なのかを理解するだけでなく、その人がどのような人になれるかを理解することです。

彼はその研究から、 クリフトンストレングス・テスト(旧クリフトンストレングス・ファインダー)を考案しました。これを使って、何百万人もの人々が生来の才能 - 最も得意とすることを見つけることができました。

彼は2003年に亡くなる少し前に、アメリカ心理学会から、「強みに基づく心理学の父」として大統領表彰を受けました。

数十年にわたり、人々がクリフトンストレングスを発見・育成できるよう支援

1949

ドン・クリフトンは、ネブラスカ大学でネブラスカ人事研究財団(Nebraska Human Resources Research Foundation)を設立しました。

ドン・クリフトンは、ネブラスカ大学でネブラスカ人事研究財団を設立しました。

ドン・クリフトンは、1924年2月5日、ネブラスカ州ビュートで生まれ、リージェンツ奨学金を受けてネブラスカ大学リンカーン校に入学しました。

彼は第二次世界大戦に従軍して帰還した後、教育心理学の研究と教育のため、大学に戻りました。

その間にクリフトンとその同僚は、強みに基づく心理学を実践するため、学生や卒業生向けの研究室に対するコミュニティサービスを提供する、ネブラスカ人事研究財団(Nebraska Human Resources Research Foundation)を設立しました。

クリフトンは、成功した学生(卒業できた人たち)は成功しなかった学生に比べて明らかに異なる特性をもつことを発見しました。この発見は、その後研究を続けることになる仮説となりました。

1988

SRIとギャラップの合併

SRIとギャラップの合併

ドン・クリフトンは、1950~1969年まで、ネブラスカ大学リンカーン校で教育心理学を教えていました。その後、彼はSelection Research Inc.(SRI)設立を支援しました。

1988年、顧客調査と人事選抜に特化したSRIは、有名な世論調査会社であるギャラップと合併しました。この統合組織は、SRIの顧客と従業員の専門知識を活かし、人類にとって重要なほぼすべてのことに関してグローバルな分析とアドバイスを提供する経営コンサルタント業務を立ち上げる一方、世論調査業務を続け、成長させました。

クリフトンはこの頃、ある組織固有の文化において特定の仕事でのトップパフォーマーを特定できる、何百もの予測手段を開発しました。これらの科学的に検証された手段は、ある特定の会社の適切なポジションに適切な人材を配置するために設計されました。

しかし何かが欠けていました。

1995

『Soar With Your Strengths』が新たな分野を開拓

『Soar With Your Strengths』

組織にとって優れた人材を識別する能力は、必ずしも個人にとって役立つものではありませんでした。そこで90年代半ば、ドン・クリフトンは、特定の特性を識別するテストと、それらの特性を開発して個人に利益をもたらすフレームワークの開発に打ち込みました。彼はこれらの特性を「強み」と名付けました。

その頃、クリフトンは 『Soar With Your Strengths』 を共同執筆しました。これは、彼の強みの心理学の科学を初めて世に知らしめることになった先駆的な著作です。

この本の中で、クリフトンは、クリフトンストレングスムーブメントの発展の根拠となる前提を確立しています。それは、「企業、リーダー、そして社員は、弱みだけでなく強みに重点を置くことで、より多くのことを達成できる」ということです。

1999

ギャラップがクリフトンストレングス・ファインダー・テストを開始する

ギャラップがクリフトンストレングス・ファインダー・テストを開始する

ドン・クリフトンのクリフトンストレングス・ファインダー開発の過程は、20世紀から21世紀に移り変わる頃に最終地点に達しました。

クリフトンは、ハーバード大学の心理学教授であるフィリップ・ストーン博士の提案を受け入れました。それは、来るべきデジタル時代に合わせてテストを設計すること、そして標準的採点ではなく修正したイプサティブ式採点アルゴリズムを採用するという提案でした。

その結果が、1999年に行われた、初期バージョンのクリフトンストレングス・ファインダー・テストでした。これは、個人の才能をオンラインで1時間以内に識別できる客観的な測定方法でした。

このクリフトンストレングス・ファインダー・テストは18,763人の人々が受け、人材開発の世界を決定的に変えることになるムーブメントのきっかけとなりました

2001

『Now, Discover Your Strengths』 が発売される

『Now, Discover Your Strengths』

2001年、ドン・クリフトンは 『Now, Discover Your Strengths』 で初めて、オンライン才能テストを取り入れました。

それは大きな反響を呼びました。世界中の人々が、この本を手に取り、クリフトンストレングス・ファインダー・テストをオンラインで受け、個別化されたレポートを読むことで、自分の生来の才能を発見できるようになりました。

この本は世界中でベストセラーとなり、ギャラップがプレス部門を設立する道を開きました。このプレス部門は、ポジティブ心理学や強みに基づく人材開発、職場の分析とアドバイスの分野で数多くのベストセラーを出版しています。

2004

クリフトンの業績により、強みに基づく心理学とポジティブ心理学の分野が発展

クリフトンの業績により、強みに基づく心理学とポジティブ心理学の分野が発展

2003年にドン・クリフトンが亡くなった後、ギャラップは、クリフトンとその孫のトム・ラスが共同で執筆した本、 『心のなかの幸福のバケツ』 を出版しました。

このベストセラーは、ひしゃくとバケツのシンプルな隠喩を通して、クリフトンのポジティブ心理学の研究の力を、何千もの職場や教室の何百万人もの人々に知らしめました。

『心のなかの幸福のバケツ』 はまた、心理学分野における傑出したリーダーとしてのクリフトンの遺産をさらに強固なものにするものでした。クリフトンは、亡くなる少し前に、アメリカ心理学会から、「強みに基づく心理学の父」として大統領表彰を受けています。

2007

ギャラップが 『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』 を出版

『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』

2006年、ギャラップの研究者らは、クリフトンストレングス・ファインダーの心理統計学に対する包括的なレビューを行いました。その結果、テストが改訂されました。

この新たなバージョンのテストを世界に提供し、強みの活用に関する新たなストーリーと戦略を公開するため、ギャラップは さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』 を出版しました。

『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』 は、強みに基づく人材開発の実践に変革をもたらしました。読者はこの新たなバージョンのテストを行い、 強みのインサイト(洞察)ガイド を受取りました。同ガイドは、自分のクリフトンストレングスの上位資質(トップ5)によりどのようにして卓説した人間になれるかが分かる個別化された洞察のセットです。

『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』 はベストセラーのビジネス書であり、アマゾンのノンフィクション分野の常時ベストセラーです。

2012

ギャラップがクリフトンストレングスムーブメントを加速

ギャラップがクリフトンストレングスムーブメントを加速

毎年、世界中の何百万人もの人々が 『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』 を読み、クリフトンストレングス・ファインダー・テストを受ける中、ギャラップはあるチャンスに気付きました。

これらの何百万人もの人々は、自分の強みの力を他者と共有することを必要としていたのです。また、これらの何百万人もの人々は、自分の強みを開発し、その強みを活用して個人的で専門的な潜在能力を最大限引き出す助けとなるものを必要としていました。

そこでギャラップは、クリフトンストレングス・ファインダー・テストを 直接顧客に提供することにしました。ギャラップは世界中で、リーダーが ギャラップ認定ストレングスコーチになるための教育と指導を開始しました。そしてこれらのコーチが強みに基づく人材開発の力を世界中に広めました。

現在

クリフトンストレングスムーブメントの継続

クリフトンストレングスムーブメントの継続

2015年、ギャラップはテストの名前を、クリフトンストレングス・ファインダーからクリフトンストレングス・テストに変更しました。

2018年、ギャラップは クリフトンストレングス34レポート(これまで作成された中で最も広範囲をカバーする強みに基づく人材開発ガイド)を世に送り出しました。

そして2019年、ギャラップは 『It's the Manager』 を出版し、これは最新のベストセラーになっています。

その間、フォーチュン500社のオフィスから何千もの学校の教室まで、毎年何百万人もの人々が、60年以上前にドン・クリフトンが研究を始めたときにまさに共有しようとしたことを発見しています。

彼らは自分がうまくできることを理解し、自分のクリフトンストレングスを活用して無限の潜在能力を最大限引き出すチャンスを得ることができます。

クリフトンストレングスムーブメントは加速し続ける

フォーチュン500社の90%以上が、クリフトンストレングスを活用し、強みに基づく人材開発の力を職場文化に取り込んでいます。

毎年、あらゆる規模のより多くの組織が、リーダーやチームに、生来得意とすることで優れた人になる機会を与えています。

毎年世界中の何百万人もの人々がクリフトンストレングス・テストを受けています

毎年世界中の何百万人もの人々がクリフトンストレングス・テストを受けています

その結果、世界中の人々が弱みを直すのではなくクリフトンストレングスの活用に焦点を当てるムーブメントは拡大し続けています。

クリフトンストレングスムーブメントが世界中に広がっています

クリフトンストレングスの力を体験する

store.gallup.comにアクセスし、強みに基づく人材開発の力をチームや組織に取り入れるために必要なすべてを手に入れてください。